【白銀の墟玄の月】一巻二巻の感想やネタバレ!あらすじや考察もチェック!

こんにちは!watanabayです。

 

十二国記シリーズ、18年ぶりの新作長編。

『白銀の墟 玄の月』一巻・二巻が発売されていますね!

18年ぶりの書下ろし新作、ついに!
驍宗様(あなた)こそ泰麒(わたし)が玉座に据えた王。
だが――。戴国の怒濤を描く大巨編、開幕!

戴国(たいこく)に麒麟が還る。王は何処へ──。
乍(さく)驍宗(ぎょうそう)が登極から半年で消息を絶ち、泰麒(たいき)も姿を消した。王不在から六年の歳月、人々は極寒と貧しさを凌ぎ生きた。案じる将軍李斎(りさい)が慶国(けいこく)景王(けいおう)、雁国(えんこく)延王(えんおう)の助力を得て、泰麒を連れ戻すことが叶う。今、故国(くに)に戻った麒麟は無垢に願う、「王は、御無事」と。──白雉(はくち)は落ちていない。一縷の望みを携え、無窮の旅が始まる!

今回は感想や私なりの考察など思いつくままに書いていこうと思います。

スポンサーリンク

あらすじ

戴国に麒麟が還る。王は何処へ―乍驍宗が登極から半年で消息を絶ち、泰麒も姿を消した。王不在から六年の歳月、人々は極寒と貧しさを凌ぎ生きた。案じる将軍李斎は慶国景王、雁国延王の助力を得て、泰麒を連れ戻すことが叶う。今、故国に戻った麒麟は無垢に願う、「王は、御無事」と。―白雉は落ちていない。一縷の望みを携え、無窮の旅が始まる!

 

 

いつもながらに美しい表紙ですよね。

こんな美しいプロモーション動画もありました!

ネタバレあり感想

未読の方はご注意ください!

 

泰麒が駆け引き?もう幼い泰麒ではない!

蓬莱にいた6年の間に穢れの中でも麒麟として成獣し、身体が万全になる前に戴に戻ってきた泰麒。

民の死と隣り合わせの貧しい暮らしを目の当たりにして、自ら白圭宮に乗り込み、駆け引きを仕掛けます。

阿選が次の王である。
だが今もなお王は驍宗。
驍宗を探し出し、禅譲させよ。
驍宗をここに連れてこい。

そうしてやっと面会した阿選に腕を切らせ、「次の王だから使令が手を出さないのだ」と納得させる。
手を出すも何も、泰麒にはもう使令はいませんからね。

瑞州候の権を返せと冢宰である張運に詰める際も「本当に麒麟なのか」と疑問を抱かせるほど。

泰麒はもう自分で考え、行動する大人になって帰ってきた。読者が知る10歳の泰麒はもういない、と言われているようでした。

私は泰麒が苦しむ民を見て、倒れてしまうのではないかとヒヤヒヤしていたのですが、そんなこともなく。
泰麒が項梁と共に白圭宮に旅立った時、取り乱した李斎。
なぜ相談してくれなかったのか?せめて説明してくれたらと思うその気持ち。
もはや親…!
そして私も同じ気持ちだよ李斎!!
泰麒も泰麒で絶対に止められるから言わないでくれと去思に頼む姿は、
“親に心配をかけたくないから信頼する叔父さんに相談する優しい子”じゃないですか。
もう親子で良い。私の中では李斎と泰麒は親子となりました(安直)

スポンサーリンク

戴、貧しすぎる。

戴の困窮具合が尋常じゃありません。
飢えや寒さ、時に暴漢に襲われて野垂れ死ぬ。
これが普通。
二巻読み終わって、布団に入った時、

「屋根がある家であったかい布団があって…なんて有難いんだ。」

と本気で思って涙が出ました。
父親の代わりにお供え物を届けていた少女の姉が死んだ時は、胸が苦しかったです。
お爺さんが孫を抱きしめて死んでいたり、親子が飢えや寒さで川の字になって死んでいる場面もありましたね。

それでも驍宗が天に願って種子を得た”荊柏”の実のおかげで生きながらえて居る。
間接的に驍宗は民を6年間支えてきたんですね。

 

民を放置している朝廷と「幽鬼」のような官

朝廷は困窮する民を救済せず、放置している。
棄民は阿選の指示だと張運は言いますが、結局は自分の権力拡大にしか興味がない様子。
張運は堅実な仕事振りで抜擢されたんじゃなかったの?
平仲曰く突然上司はおろか所属から変わるし、相反する指示が同時に来て片方がいつの間にか立ち消えたりと朝廷は組織という形を成していないようです。

一番の疑問は阿選。
なぜ政を行わないのか?
かつて傍にいた麾下たちは「驍宗を討って抜け殻になってしまわれた」と言っていましたが…
正直「阿選、意味分からん」です。
王宮の奥に引っ込んで滅多に出てこない。
お伺いを立てても「聞いた」のみ。

同時に「幽鬼」のような官たちも気になります。
驍宗の支持者ほど病みやすいともありましたね。
そしてそういう官たちで周りを固める阿選。
平仲も病んでるのかな?奥さんと子供いるのに…

めちゃくちゃ不気味です。
事あるごとに鳩が鳴くのが怖い。
鳩が鳴くのは求愛行動やオスがメスに巣の場所を教える他に
自分のテリトリーに侵入した者を追い払うために鳴くんだとか。
鳩は一定の場所への執着心が強いという説明にまた恐怖。

鳩は悪くないんですがね。

あと朝廷組の中では恵棟が断然好きです。
泰麒に冷淡にされても心を尽くす姿が良い!
州宰に任命された時には「よかったね!」とにっこりしてしまいました(笑)
頼むから最後まで生きててほしい一人です。

スポンサーリンク

李斎たちの驍宗探し

泰麒と別れた後の李斎・去思・酆都の驍宗探し。
ぽつぽつと当時の様子や驍宗目撃情報が出てきますが、核心に迫るものはナシ。

しかし戴の庶民たちの現状をこれでもかと見せつけられました。
これは読者も一緒に、ですね。

ちょっとずつ、ちょっとずつ近づいて、唐突にもたらされた驍宗の死の報せ。
静̪之の「殺してくれ!」が可哀そうすぎる。
目の前に驍宗がいたのにスルーしてしまった訳ですから、もう国を滅ぼしたのは俺だくらいは思ってそうです。
三巻四巻で静之と驍宗(生きてたら)が会えると良いなぁ。

 

お気に入りのシーン

項梁と園糸・栗親子の別れ

「戻ってきたら、また送って行ってくれる・・・?」

おずおずと口にした園糸に、しない、と項梁は笑った。

「俺が戻るときには、もう旅をする必要はないんだ――この国の誰も。」

(『白銀の墟 玄の月』一巻 三章 p.110より)

園糸が可愛いし、項梁のセリフがかっこいい。ここが私の最初の山場でした。泣いた。

 

恵棟と友尚の会話

「俺には、驍宗様を討って阿選様が蛻になったように見える」

「私もだ」

『白銀の墟 玄の月』二巻 九章 p.181より)

阿選の麾下である二人が、「阿選様が蛻に」と本音を言い合えるということにほっとしました。

一巻二巻通して、昔から気心の知れた仲間同士の会話みたいなものが少なくて(-_-;)

そういう意味でも一息つけた場面でした。

 

泰麒が州候の権を返せと張運を追い詰める

「(略)――もう一度訊きます。士遜が命に従わないのは、貴方の指示ですか?」

「滅相もございません』

「では、士遜の増長ですね?罷免の理由になると思いますが」

そう答えるしかないのだろう、張運は床に額を擦り付けるようにして「はい」と答えた。

『白銀の墟 玄の月』二巻 十一章 p.300より)

泰麒の圧勝シーン!

絶対的に民の味方であるために、時に非情にもなる麒麟。

項梁は驕王時代の泰麒の言動からそれを分かっているようでしたが、張運は違ったようです。

それでも、無視をしても放置しても泣き言しかいえないだろうなんて・・・李斎が聞いたら張運ただじゃ済まなかったはず(笑)

 

気になる今後をちょこっと考察

驍宗の生死は

驍宗、絶対生きてると思います!
むしろ死んでたらびっくりですよ(でも小野先生はやるお方

泰麒が王宮の奥に向かって深く一礼する場面がありましたから、本物は王宮の奥にいるのでしょうか?

老安で亡くなった白髪赤目の武人は影武者的な・・・?

この18年の間に「驍宗半獣説」がありましたね。
白髪赤目ってことで白蛇か白虎かと言われていましたが、まさかの白鳩?
宮中で鳴いている鳩がどんどん意味深になっていくなぁ。

 

「次王阿選」はあり得るのか

項梁が「真実なのではないのか」と思うほど、泰麒は徹底して「次王阿選」の言動をしていますね。

でもこれはあり得ないんです。

理由は、
阿選の姓と驍宗の姓は同じ「朴」だから

同じ姓を持つ人間が続いて王になることはない、と天に定められています。

〇阿選の姓

時に阿選、官を謀りて、偽王として立ち、其の権を恣にす。丈阿選は禁軍右翼に在りて、本姓は朴、名を高、兵を能くして幻術に通ず…
(「黄昏の岸 暁の天」『戴史乍書』より)

〇驍宗の姓

驍宗、本姓は朴、名は綜、呀嶺の人なり。
(「風の海 迷宮の岸 下」『戴史乍書』より)

 

王の姓については遠甫先生が説明してくれています(アニメ版では楽俊が言っていた記憶が)

「陽子には珍しかろう。ーー血統などということを言う者もおらんな。陽子の言う血統に当たるのは同姓かの。婚姻すればどちらかがどちらかの籍に入る。本人たちの姓は変わらんが、戸籍がどちらかの許に統合されるのじゃ。子供は必ずその統合された戸籍にある姓を継ぐ。これには意義がある。天が天命を革めるにあたって、同姓のものが天命を受けることはないからじゃ

「親が離縁したからといって、変わったりはせんし、自分が婚姻しても変わらんな。じゃから、人は固有の氏を持つ。姓にはそれだけの意味しかないからじゃ」

(「風の万里 黎明の空 」より)

 

以上の理由で「次王阿選」はあり得ないわけですね。

しかし、こういうことってあまり周知されていないのでしょうか?

昇山する際に先王と同じの姓の人は登り損になると思うのですが(^^;

 

スポンサーリンク

 

三巻と四巻の発売日

発売日は11/9です!

忘れることはあり得ないけど、予約しとかないと書店にないかもしれない(笑)

 

 

 

電子書籍の販売は?

最近はほぼ発売と同時に電子書籍でも販売されることが多いですが、

十二国記シリーズ、電子書籍にはなっていません。

 

アニメ版も面白い

私はまずアニメ版にハマったんですが、続きが気になりすぎて原作一気読み。

それ以来十二国記シリーズのファンです。

アニメ版と小説では多々相違点があるのですが、アニメはアニメで面白いので未視聴の方はぜひ!

U-NEXTで視聴可能です。

 

まとめ

18年ぶりの新刊で戴国、しかも全四巻のうち後二巻はおあずけ。

常に続きが気になる作品十二国記シリーズですが、今回は特に、もう待ちきれませんね!

三巻四巻の発売日は11/9。

果たして戴はいったいどうなってしまうのか?

驍宗は生きているのか?

阿選の本当の目的はなんだったのか?

次巻の発売日まで想像は尽きない!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました