【箱根駅伝2020】國學院大學メンバーで注目の出場選手は?予想順位やオーダー情報も紹介!

スポーツ

こんにちは!watanabayです。

出雲駅伝2019で三大駅伝初優勝を果たし、一気に優勝候補に名乗りを上げた、國學院大學。

2018年の箱根駅伝ではあと5秒のところでタスキを渡せず、目の前で繰り上げスタートという悲劇。

そこから一転、箱根駅伝2019では7位と好成績をおさめました!

國學院大學のチームの目標は往路優勝、総合3位

「既に往路のオーダーは確定済み」(by箱根駅伝2020完全ガイド)ということからも、往路に全力をかけてくることは間違いありません!

さらに今季の國學院大學は往路で強い選手を投入しても、まだまだ戦える選手がいるんですよね~

そこで今回は、

  • 國學院大學メンバーの中でも特に注目しておきたい選手
  • 超個人的好みで決めた!箱根駅伝2020での國學院大學の予想順位
  • どんな布陣で来るのか?気になるオーダー情報

などを紹介していきます。

ぜひ最後までご覧くださいませ。

 

※その他の優勝候補についてはこちらにまとめていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

関連記事→【箱根駅伝2020】出場校の優勝候補や予想順位は?各校のオーダーや区間の通過時刻も!

スポンサーリンク

【箱根駅伝2020】國學院大學メンバーで注目選手は?

往路優勝を目標にしている國學院大學。

往路には相当強力な選手を投入してくると思われます。

そこで往路を任されそうな選手5人をピックアップしてみました!

  • 藤木 宏太選手
  • 土方 英和選手
  • 青木 祐人選手
  • 中西 大翔選手
  • 浦野 雄平選手

では詳しく見ていきましょう。

藤木 宏太(ふじき こうた)

  • 生年月日:2000年3月2日
  • 出身地:北海道
  • 出身校:北海道栄高校(北海道)
  • 学年:2年
  • 5000m自己ベスト:14分06秒66
  • 10000m自己ベスト:28分46秒41

前回の箱根駅伝2019では1区を任され、トップと22秒差の区間10位というルーキーらしい積極的な走りを見せ、往路3位に貢献した藤木選手。

 

この後も好調をキープしており、

  • 2月の丸亀ハーフでは1時間2分17秒という素晴らしい走り
  • 7月の10000mでは28分台の自己ベストを記録
  • 9月の日本インカレ10000mでは土方選手に続く4位(日本人2位

そして12月1日に熊本で行われた甲佐10マイル公認ロードレースでは國學院大學歴代1位の記録を残しました!

10000mの自己ベストよりも早いペースで10㎞地点を通過していますね!

2019年の学生三大駅伝でも

  • 出雲駅伝2019では1区を区間5位
  • 全日本大学駅伝2019でも3区を区間12位

とチームに欠かせない選手となっています。

 

このような実績からも藤木選手が次期エースとして國學院大学を引っ張っていくことでしょう。

箱根駅伝2020でもその可能性を秘めた粘り強い走りを見せてほしいですね!

土方 英和(ひじかた ひでかず)

  • 生年月日: 1997年6月27日
  • 出身地:静岡県
  • 出身校:埼玉栄高校(埼玉)
  • 学年:4年
  • 5000m自己ベスト:14分07秒25
  • 10000m自己ベスト:28分44秒28
  • 進路予定:分かり次第追記します。

國學院大學3本柱の一人であり、3年時から主将を務めている土方選手。

出雲駅伝2019では最終区で4位からの逆転優勝の立役者となり、國學院大學は一躍箱根駅伝優勝候補へ!

 

前回の箱根駅伝2019ではエース区間の2区を走り区間7位

その後もユニバーシーアードの選考会の学生ハーフで4位と長い距離で着実に実績を残しています。

トラックシーズンでは、

  • 関東インカレ2部ハーフマラソンで優勝
  • 9月の日本インカレ10000mでは日本人トップの3位

という素晴らしい結果です。

確実に学生陸上界ではトップレベルの選手と言えるでしょう。

 

もう一人のエース・浦野選手は5区区間記録を持っていますから、土方選手が2区を走る可能性が高いと思われます。

國學院大學が往路優勝するためには、土方選手がいかに他大学のエースたちをねじ伏せる走りが出来るかにかかっています!

 

土方選手の出身高校である埼玉栄高校。
同期には東海大エース舘澤選手・駒大エース中村大聖選手がいます。
「箱根駅伝2020完全ガイド」では3人並んでいるんですよ~
※進路について
進路は調べた限り分かりませんでした・・・しかし!
彼は東京オリンピック選考レースである「東京マラソン2020」にも参加を表明しています。
目標タイムは2時間10分切り。
これは競技継続とみて良いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

青木 祐人(あおき ゆうと)

  • 生年月日:1997年4月27日
  • 出身地:愛知県
  • 出身校:愛知高校(愛知)
  • 学年:4年
  • 5000m自己ベスト:13分54秒49
  • 10000m自己ベスト:28分44秒01
  • 進路予定;トヨタ自動車

國學院大學3本柱の一人・青木選手。

2年連続で箱根駅伝の3区を任されています。

  • 2年時は区間5位
  • 3年時は区間6位

大崩れせず、タフで安定した走りを評価されているのでしょうか。

 

春先には故障もあり不安の声もありましたが、徐々に調子を上げ、

  • 日本インカレ5000mに出場し14分14秒
  • 出雲駅伝では 4区を区間5位
  • 全日本駅伝では5区を区間1位

といまや完全復活!

さらには11/23(土)に行われた 10000m記録挑戦会では28:44.01と自己ベストを更新・國學院大學歴代2位の記録となりました!

 

箱根駅伝2020でも積極的かつ安定した走りでチーム全体を引っ張って行ってほしいですね!

 

中西 大翔(なかにし たいが)

  • 生年月日:2000年5月27日
  • 出身地:石川県
  • 出身校:金沢龍谷高校
  • 学年:1年
  • 5000m自己ベスト:13分54秒36
  • 10000m自己ベスト:29分34秒81

國學院大學未来のエース候補・中西大翔選手。

チーム内には双子の弟・中西唯翔選手がいます。

 

1年生ながら積極的に大会に出場しています。

  • 7月は10000m初レースで29分34秒を記録し、組トップをとる好成績
  • 9月の日体大記録会では13分54秒36という自己ベストを記録
  • 日本選手権クロカン U20男子8km  6位入賞
  • 世界クロカン U20男子8km 45位(日本人3位)
  • 11月の上尾シティマラソン(ハーフ)では64分を切る好タイム

と着実に成長を重ね、世界の舞台にも立つ活躍を見せています!

 

そのタフで外さない走りで、学生三大駅伝では

  • 出雲駅伝 2区3位
  • 全日本駅伝 4区4位

と堂々たる走りを見せました!

全日本では兄・唯翔選手と共に安定した走りを見せ、これから兄弟での相乗効果も期待されます!

 

長い距離にも適性のあるルーキー・中西大翔選手

國學院大學が目標である「往路優勝・総合3位」を達成できるかどうかのキーマンとなりそうです。

浦野 雄平(うらの ゆうへい)

  • 生年月日:1997年11月1日
  • 出身地:富山県
  • 出身校:富山商業高校(富山)
  • 学年:4年
  • 5000m自己ベスト:13分45秒94
  • 10000m自己ベスト:28分25秒45
  • 進路予定:富士通

國學院大學史上最強エースかつ三本柱の最後の一人であり、学生長距離界のトップを走る浦野選手。

箱根駅伝2019では山登りの5区を担当し、区間記録を更新する走りをみせ、國學院大學往路3位の立役者として話題になりました。

 

トラックシーズンに入っても絶好調!

  • 関東インカレ5000m6位、10000m4位と両種目で日本人トップ
  • 7月のホクレンディスタンスでは5000m、10000m共に自己ベストを更新

平地でも山でも行ける、貴重なオールマイティー。

日本人トップになっても、留学生に勝ちたいという強い気持ちをもち悔しがる向上心の持ち主です

國學院大學が学生三大駅伝初優勝となった出雲駅伝2019でも、自分が勝てなかったことを悔しいと仰っていましたね。

 

箱根駅伝2020では誰よりも早く走り区間賞をとる姿を期待しています!

スポンサーリンク

【箱根駅伝2020】國學院大學の順位を個人的好みで予想!

私は土方選手の走りが特に好きなので!

箱根駅伝2020での國學院大學の順位を

3位

と予想しています!!

ぜひ目標である「往路優勝・総合3位」を達成してほしいです。

 

ちなみに世間の皆様の声は、

往路優勝は可能性アリ

しかし総合3位はどうかな?といった感じですね~

 

その他の優勝候補についてはこちらにまとめています!⇓

【箱根駅伝2020】國學院大學の気になるエントリー・オーダー情報

往路に強い選手を投入してくるであろう、國學院大學の気になるオーダー情報!

今年はまだメンバーエントリー・オーダーともに決まっていません。
→出場選手エントリーが発表されました!追記しています。

情報が入り次第追記していきますね。

なお、オーダー決定のスケジュールは以下の通りです。

出場選手エントリー※12.10追記

12月10日頃 

各校選手16名が決定します。

  • 青木祐人(4)
  • 浦野雄平(4)
  • 土方英和(4)
  • 茂原大悟(4)
  • 臼井健太(3)
  • 河東寛大(3)
  • 高嶌凌也(3)
  • 田川良昌(3)
  • 藤村遼河(3)
  • 木付琳(2)
  • 島﨑慎愛(2)
  • 殿地琢朗(2)
  • 藤木宏太(2)
  • 川﨑康生(1)
  • 中西大翔(1)
  • 中西唯翔(1)

区間選手のエントリー

12月29日頃

10区間10名の選手と補欠選手6名が決定します。

どの区間をどの選手が走るかが分かり、毎年盛り上がります!

当日の選手変更

往路・復路ともに朝7時まで

選手変更は区間エントリー選手⇔補欠選手のみ可能です。

【箱根駅伝2020】マニアックな情報を知りたい方にも!筆者のおすすめ書籍

今回は注目選手5人に絞ってご紹介しましたが、國學院大學には他にも個性豊かな選手たちがたくさん!

そんな選手たちの詳しいプロフィールや成績、さらにマニアックな情報を知りたい方はぜひガイドブックのご購入をおすすめします。

 

しかし、毎年様々な箱根駅伝ガイドブックが発売されますよね。

何を買ったらいいのか分からないって方も多いのではないでしょうか?

 

そこで数ある箱根駅伝ガイドブックの中から筆者のおすすめガイドブックをご紹介します!

こちらの「箱根駅伝2020 完全ガイド」です。

⇓表紙画像リンクから購入できます⇓

 

 

楽天ブックスだと送料無料1000円以内で手に入ります。

ぜひ本番前に入手して、箱根駅伝2020を隅から隅まで楽しみましょう♪

 

まとめ

今回は往路にオーダーされるであろうと私が予想した5人に注目してみました。

次期エース候補として可能性を秘めた、藤木選手。

3年時からキャプテンを任され、出雲駅伝2019では優勝の立役者となった土方選手。

不調から復活を遂げ、國學院大學3本柱の一人・青木選手。

長い距離にも適性をもち、世界の舞台にも挑戦する・中西大翔選手

学生陸上界のトップをひた走り、平地も山も走れるオールマイティー・浦野選手。

 

「往路優勝・総合3位」を目標に掲げる、國學院大學。

エントリー選手は12月10日に、区間オーダーは12月29日に決定します…注目です!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

コメント

  1. […] 【箱根駅伝2020】國學院大學メンバーで注目の出場選手は?予想順位やオーダー情報も紹介! | ケンサク モノガタリ より: 2019年12月7日 5:52 AM […]

タイトルとURLをコピーしました