2018年のふたご座流星群はいつが見ごろ?どこで見る?

イベント

こんにちは、watanabayです。

秋も深まり、街路樹が色づき始めていますね。

空気が澄んで、夜空の星も綺麗に瞬いているのを見ると、ワクワクします!

冬の天体ショーといえば、ふたご座流星群

毎年楽しみにしている方も多いのではないでしょうか?

2018年の方角や流星のピーク、観察に適した場所などを調べてみました。

 

ふたご座流星群って?いつがピーク?

スポンサーリンク

国立天文台HPを見てみますと、

ふたご座流星群は毎年12月14日頃を中心に活動する流星群です。

特徴のひとつは、毎年ほぼ確実に、たくさんの流星が出現することです。流星数が多いことから、1月のしぶんぎ座流星群、8月のペルセウス座流星群と共に「三大流星群」と呼ばれています。夜空の暗い場所で活動が極大の頃に観察すれば、最も多いときで1時間あたり40個以上の流星を見ることができます。

もうひとつの特徴は、夜半前からほぼ一晩中流星が出現することです。三大流星群のうちペルセウス座流星群としぶんぎ座流星群は、どちらも夜半から未明の時間帯を中心に流星が出現します。しかし、ふたご座流星群は20時頃という早い時刻から流星が出現し始めるため、お子さんをはじめ多くの方々にとって観察しやすい流星群です。

このように、ふたご座流星群は、流星を初めて見てみようという人にもおすすめしたい流星群です。

 

なるほど、たくさん星が流れて観察しやすい初心者向けの流星群、ということですね。

 

流星がピークの日時

『ふたご座流星群』が見える期間は長く、毎年12月4日頃から12月17日頃まで続くようです。

12月10日頃から流星が増え始め、極大日の前後1日~2日は極大日並みの流星群が見られるチャンスです!

 

2018年のふたご座流星群が極大になる日時は

12月14日21時頃

と予想されています。

 

観察しやすい時間帯は?

流星群は20時頃からぽつぽつと流れ始めますが、放射点(流星が発生する中心点)が低いため見えにくいようです。

放射点が高くなる22時頃から未明にかけての時間が観察に適した時間帯と言えます。

 

そして今年の月は深夜には沈むので、月明かりの影響を受けずに観察できるでしょう。

 

つまり流星群を見たいなら、

13日22時頃から14日の未明にかけて

もしくは

14日22時頃から15日の未明にかけて

が最適となりますね。

 

流星群はどこで見る?

より多くの流星群を見たい!

そのためにも場所選びはかなり重要です。

流星群観察のキホン

  1. 月明かりやネオン、街灯等の明かりがない
  2. 安全で広い土地
  3. 15分以上観察し続けられる(迷惑にならない)

 

この3点をクリアできる場所であれば、きれいな流星群を見ることができます。

公園や河原など街からの明かりを避けて、夜空を広く見渡せる場所を選びましょう。

どうしても街灯等明かりのあるところでしか見れない場合は、明かりを背にして。

暗さに目を慣らす必要があるので、少なくとも15分は観察を続けると良いみたいです。

 

気を付けたいこと

  • 肉眼で見よう!

視野が狭くなる双眼鏡や望遠鏡などの特別な道具は必要ありません。

夜空全体を見渡せる肉眼で見るのが一番です。 

  • 寒さ対策は入念に!

12月中旬の夜中ともなれば、かなりの寒さが予想されます。

防寒着や寝袋、カイロ等必要に応じて準備していきましょう。

  • 安全な場所での観察を!

周囲に危険物がないか、不審者が集まるような場所ではないかなど、観測場所の安全を確認しておきましょう。

  • マナーを守ろう!

私有地や立ち入り区域に入ったりしないマナーも大切です。

夜間は小さな音や声でも予想以上に響きやすいので気を付けましょう。

また、車やスマホ等のライトを使う場合は最小限に留めるようにしましょう。

まとめ

  • 気軽に楽しめる初心者向けの「ふたご座流星群」
  • 見ごろは13日と14日の夜22時以降
  • 明かりを避けて見晴らしのいい場所で15分以上観察(肉眼で)

今年最後の流星群、ばっちり防寒をしてじっくり堪能しましょう!

どうか、晴れますように!

 

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました